• Billy Ohsaki

【DX集中連載③】DXで求められる代表的なスキルセット (Typical skills for DX talents)

最終更新: 6月18日

第2回の記事で、DX人材とは何かを定義しました。


今回は、もう少し掘り下げ、DX人材が身に付けていくべき、重要なスキルセットについて考えます。

結論から述べますと、DX人材に求められる代表的なスキルセットには、大きく5つの種類あります。

  1. リーダーシップ (Leadership)

  2. ビジネスの知識・興味 (Business Acumen)

  3. デジタル技術への経験・知識 (Technical Capability)

  4. 世界のトレンドを追う情報収集・理解 (Global Acumen)

  5. 人に影響を与えるための人間性・人柄 (Personality)

RISEbyStudy™ではこの5つのスキルを ”DX Wisdom Pentagon™” と呼んでます。


DX人材は、この5つのスキルセットを軸にして、DXのキャリアを積んでいきます。

余談となりますが、これらはDXへの参画を通じて「磨きをかけていく」スキルであり、DX人材が全員、最初から全てのスキルを身に着けている必要はありません。


キャリアの方向性については、別の記事でご紹介します。


それぞれのスキルについて、もう一段掘り下げてみましょう。

  1. リーダーシップ (Leadership): DXは一人でなしえるものではありません。 DX Wisdom Pentagon™でも強みが異なる人材が集まり、協力して進めていくためには、良いチームプレイヤーであるためのセルフリーダー、良いチームを作るチームリーダーであることが求められます。そのためのプロジェクト管理や、コーチングなど、自身・チームを引っ張るための方法論を駆使していく必要があります。

  2. ビジネスの知識・経験 (Business Acumen) : DX戦略は会社の経営戦略と足並みを揃え推進するため、会社方針の理解は必須です。また、戦略を下層部まで落とす上で、顧客の笑顔のため、従業員の満足のため、業務プロセスを改善するため、どのようにDXを進めていくかが求められるため、ビジネスに関わる人・モノ・テクノロジー・プロセスの理解が求められます。

  3. デジタル技術への経験・知識 (Technical Capability): DXを進める上で、検討しているデジタル技術と、人・モノ・プロセスへの親和性を確認し、実行できるか確かめていくため、AIやプログラミングなどのデジタル技術の知見・経験が必要となります。

  4. 世界のトレンドを追う情報収集・理解 (Global Accumen): DXにおいて、日本は世界から遅れをとっている状況ですが、裏を返せば世界にDXの既存例があるということにもなります。すでに国外でどのようなDXが行われているか理解し、それを日本に適用するスキルもまた、求められるスキルの一つです。

  5. 人に影響を与えるための人間性・人柄 (Personality): DXは、変革です。変革には必ず抵抗勢力があります。多くの人に影響を与え変わってもらうためには、それを推進する人自身の人柄や人間性も影響するため、それらを磨いていかなければいけません。

これから企業は、このようなスキルを持った人材をどう確保するか、どう育てるか、対応が急務となっています。

一方で、DX人材を目指す皆さんは、この5つの軸で現在の自分を自身で再評価すると共に、どこをどの様に強化していくかを、自分なりに考え、成長戦略を立てて行く必要があります。


RISEbyStudy™では2020年7月よりDX中核人材の育成と就職支援に取り組んでいます。

DX中核人材育成プログラム - RISEbyStudy™forDX  の詳細は下記リンク先をご覧ください。

RISEbyStudy™forDX プログラムについて

DX人材/AIエンジニアになるならRISEbyStudy™

©2019 by RISEby inc., all rights reserved